ポテトサラダとちくわの天ぷら!?「ちくわサラダ」とは??

ちくわサラダとは?

皆さん、ちくわサラダを知っていますか??

「ちくわを使ったサラダかな?」と思うかもしれませんが、違うんです!

ちくわサラダとは、熊本のソウルフードで、ちくわにポテトサラダを詰め込み、天ぷらにした料理です!

お惣菜、おやつ、おつまみとして熊本人に愛され続けており、スーパーの惣菜コーナーや、居酒屋や定食屋でも提供されています。

 

View this post on Instagram

 

kenji-iさん(@ryourirecipe_k)がシェアした投稿


ポテじぃ

熊本県内での年間販売数は約200万本に上るそうじゃよ。

 

ちくわサラダの歴史

熊本のソウルフード、ちくわサラダ。熊本でいつどのようにして生まれたのでしょうか??

ちくわサラダは約40年前に誕生

ちくわサラダは、熊本本社の弁当・総菜の会社「ヒライ」さんが1971年ごろに考案したそうです。

当時、子供から大人まで、大好きなおかずとして親しまれていた「ちくわ」と、当時ヒライさんの中で美味しいと大評判だった「ポテトサラダ」。

「美味しいものと美味しいもの」その二つを組み合わせると「もっと美味しいものができるんじゃないか」という発想から生まれたそうです。

 

View this post on Instagram

 

Masahiko Tsutsumiさん(@masahiko223)がシェアした投稿

参考 <熊本>年間売上200万本 県民の心つかむ ちくわサラダBIGLOBEニュース 参考 元祖ちくわサラダ株式会社ヒライ

 

ポテじぃ

ちくわの天ぷらの中にポテトサラダ。いつかわしも食べてみたいのお〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です